スキップしてメイン コンテンツに移動

スイムの位置取り

日和佐うみがめトライアスロン。

スイムの申請タイムは28分で出していたのだが、スタートは第2Wということになった。トライアスロン自体初めてでウェーブにわけてスイムスタートするということ自体知らなかったのだが、これは第4Wまであるうちの2番目スタートということらしい。

タイム自体はプールのスイムで1500mを30分なら心拍数をそれほど上げることなくなんとかクリアできる。ウェットを一度だけ試してみたけれど100mあたり10秒強は速く泳げる。レース時のテンションの上がり方、オープンウォーターでの勝手の違い、などを一緒くたにしてみてもなんとか目標タイムの28分近くで泳げるのではないかと思っている。

ところで昨年の大会結果を見てみると、スイム150位の方のタイムが29:41.96。ということは30分弱までが本来は第1Wにいるはずである。申請タイム28分で第2Wということは、全体的に申請タイムが速めで出されているということになる。もちろん第2Wにも申請タイムどおり、もしくはそれ以上のタイムで泳がれる方も多数いらっしゃるはずだが、かなりの選手が30分を超えてしまうはず。目標どおりのタイムで泳ぐためには第2Wの先頭あたりでスタートしなければいけない。

トライアスロンは初めてなので、スイムでバトルをしながら抜いていくというのが想像つかない。たとえばプールの1つのコースに並んで2人が泳いでいる間に割り込んで追い抜くというのはちょっと無理っぽいし、とても自分の泳ぎなんてできそうにない。

そう考えるとやはり位置取りが大切だな、きっと。
第2Wの前のほうから速い人についていって第1Wを追っかけるというのが理想的な展開なんだろうけど、そんなに甘くはないよな、きっと。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。