スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2011の投稿を表示しています

丹後100kmウルトラマラソン完走のためのペース設定

ウルトラマラソンの時に意識していることがあります。
それは完走するために必要なペースです。

当然ランナーの方はみんなペースを意識していると思うのですが、走力のないわたしが意識するペースというのは、スタート地点からどのくらいの平均ペースで何km走れば、あとは歩いてしまっても完走ゴールできるか、というペースです。

たとえば

キロ5分ペースだと
35km走れば残り65kmを
時速6kmで歩いてもギリギリ完走ゴールできます。
丹後1年目はまさにこれでした。

キロ6分ペースだと
45km走れば残り55kmを
時速6kmで歩いても大丈夫。

キロ6分30秒ペースだと
50km走れば残り50kmを
時速6kmで歩いても大丈夫。

もちろん、後半の歩き時速6kmにはエイド休憩も上り坂も含まれているので実際はこれよりも速いペースで進む必要があります。けれど走れなくなるといっても完全100%走れない状態というのは稀なので、この歩いた場合のペース、キロ10分(時速6km)を目安にしとけば多少の調整はなんとかなります。

あとは自分のトレーニングの仕上がり具合とその日のコンディションです。今回はエイド休憩も含めるとおおむねキロ6分ペースだったのでとにかく45kmの浅茂川漁港までしっかり走ること(というか今回に限らずいつもここを目安に走ってます)を完走のキーポイントだと思って走りました。

まずは自分自身にとってある程度セーフティなペースで完走圏内まで駒を進めて、そこから先にタイムのことを考えるという作戦で走っています。

こんなんだからいつまで経っても速くなれないのかもしれませんが。(^^;)