スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2011の投稿を表示しています

キャノンボールの雨対策とパッキング

昨夜、キャノンボールランの準備をしました。今回頭を悩ませたのは雨対策。レインウェアはモンベルのトレントフライヤーを購入したのでまずは問題ないとしてリュックと手袋、シューズの濡れが問題です。

リュックというかバックパックというのでしょうか…とにかく背負っている荷物が濡れレルと困るのでモンベルにいったついでにバックパック用のレインカバーを購入しました。でも適当に見当をつけて買ったカバーですが、当日使用するグレゴリーのルーファスには全然フィットしないことが判明しました。ルーファスってすごくカバーを掛けづらい形をしているんですね、今頃気がつきました。結局、いい解決策がないのでバッグを背負った後にその上からレインウェアを着込むことにしました。こうするとバッグは濡れないんですが荷物の出し入れをするたびにウェアを脱がなきゃいけないんですよね。さらに胴回りのサイズがバッグの分だけ大きくなるのでどうしてもウェアが短くなってしまいます。あとバッグに取り付けているリフレクターや赤色灯が隠れてしまうので夜間走行時の安全性が下がってしまいます。

シューズはレインカバーを探しましたが自転車用のモノしかありませんでした。靴底にはクリート部分を除いてつま先とかかとのところまでビニール製の布地があるのですが、その生地が走っていると滑りそうで不安なこと、またランに使うとすぐにそこが摩耗して破れてしまいそうなことが気になりました。金額も4500円ほどしたので使い捨てにはもったいなくて購入は見送りです。そのかわりダイソーで台所作業用のビニール製アームカーバーを購入しました。これを無理矢理シューズの上から履いて対応しようと思います。蒸れるかな…。(^^;)


手袋は防水のモノも検討しましたが走っていると逆に汗で中が濡れてきそうなので、薄手のラン用手袋の上にエンボスの手袋(これも台所用)をして対応しようと考えています。夜間雨が上がってかつ冷え込みが厳しいときのために厚めの手袋もひとつ予備に持って行く予定です。

とここで問題が発生。土曜日の天気が昼から曇りに変わってきています。雨でなければレインウェアはかさばるので必要ないのですが、レインウェアに資力を注ぎ込んだので軽いウェアを今更買うお金がない…。(^^;) 日中は19℃まで上がるし夜間の山中はおそらく2度くらいまで下がるのではないかと…。うーんウェアがむつかしいです…