スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2013の投稿を表示しています

えびすだいこく100kmウルトラマラソン完走。ウルトラマラソンは消化吸収系の強さを競うスポーツだ。

えびすだいこく100kmウルトラマラソン、完走しました。が、タフなコース、高い気温に激しく消耗しました。

序盤は予定どおりペースはキロ5分で押せるところまで押すつもりで走っていきました。コース序盤からアップダウンの厳しいコースですが前半25kmあたりまではペースはそれほど落ちることはなくキロ5分~5分10秒前後で進んでいきました。

スーパーランナーズEXはストライドとピッチによって精度がかわる

スーパーランナーズEXの距離表示を試してみるために実際に使用して走ってみました。コースはいつもの阿波しらさぎ大橋往復の約9.4kmです。

今回はガーミンもパルスグラフ(ピッチ数が判る)ももたずiPhoneのRunkeeperとの比較です。Runkeeperの計測ではコースの

ガーミンで対応できない超ウルトラマラソン用にスーパーランナーズEXを購入しました。

スーパーランナーズEX、購入しました。

ふだんはガーミン310XTを使っています。これはGPSで測位し、ペースや走行距離を正確に表示させることができます。また対応のハートレイトモニタを使用することによって心拍の表示もできます。バッテリーもメーカー公称20時間、実働で14時間程度使用できるので100kmウルトラマラソンにも対応できます。

えびすだいこく100kmウルトラマラソンは玉砕覚悟のキロ5分ペース

計画とはなかなか思うようにいかないもので、今回もまた自分の想定した仕上がりには程遠い状態で大会を迎えることになりそうだ。

今月2週間で200kmのラン練習。この練習方法ではスパルタスロンは戦えない気がしてきました。

5月13日時点で

ラン 200km 
バイク108km

です。月間目標として掲げたのはラン500km、バイク1000kmです。バイクの出遅れはいつものことなので(というか希望的目標なので)あまり気にしていません。ランに関しては2週間後にえびすだいこく100kmウルトラマラソン出場を予定していることを考えれば今月目標距離を超えることはそう難しいことではありません。

賢者タイムというロング走の天敵

賢者タイムという言葉がある。なんと説明すればいいのか…とあることに夢中になってたのに突然熱が冷めてしまったかのように我に返って冷静になってしまうことをを指していう。おもにどういった時にこの言葉を使うかはいうまい。

スパルタスロンに向けた練習…有効なものを考えてみる

スパルタスロンに向けた練習としてになにをするべきなのか、気がつくといつもそのことを考えている。2ヶ月後に迫った初挑戦のトライアスロン ロングディスタンスのことはなぜかあまり頭に浮かんでこない。いつも考えるのはスパルタスロン…246kmを完走するためにはナニが必要なのかということばかりだ。