スキップしてメイン コンテンツに移動

えびすだいこく100kmウルトラマラソン完走。ウルトラマラソンは消化吸収系の強さを競うスポーツだ。

えびすだいこく100kmウルトラマラソン、完走しました。が、タフなコース、高い気温に激しく消耗しました。

序盤は予定どおりペースはキロ5分で押せるところまで押すつもりで走っていきました。コース序盤からアップダウンの厳しいコースですが前半25kmあたりまではペースはそれほど落ちることはなくキロ5分~5分10秒前後で進んでいきました。


この日は晴天。日中の気温も高くなることが予想されたので最初のエイドから積極的に水分補給をしていきます。コップには多めに注いでくれていたので1杯あたり150cc程度は入っていたように思います。2つめのエイドまではコップ1杯の補給。それ以外にも走っている最中にボトルポーチに挿したスポーツドリンクを飲みながら走っていました。

状態がおかしくなったのは23km地点のエイドから。このエイドではじめての食事補給。おにぎりを4分の3ほど食べて走り出したとたん体に異変を感じます。あきらかに脈動が速くなって胸がバクバクしている。心なしか頭もフワフワ。これはマズいと思い走るのを止めて歩きに変更したものの状態は変わりません。ハートレイトモニタを装着してなかったので手で脈を測ってみると、静止状態でも160近くあります。脈自体も不整脈のように途中とんでしまうこともあり、この状態でふたたび走り出すことをためらってしまうような状況です。

原因を考えました。これは自分の想像ですが、今日は発汗量が多く血液の粘度が上がってしまった。血を送り出すための負荷が大きくなってなかなか送り出せないのでその分回数で補うために脈動が増えた。さらにその状態で食事をしたので今度は胃に廻る血液も増え、より一層不安定になった。

これが正しいかはわかりませんが、とにかく水分が足りていないと判断しました。今日はいつもよりスタート前の水分補給が少なかったのが原因かもしれません。とにかく水分を摂って様子を見ようと近くの自販機でペットボトルを1本買って補給します。飲み終わってから様子を見つつ歩き、そして軽いジョグを試してみます。徐々に心拍は収まってきましたが今度は別の異変に気がつきます。腕に痺れが出てきました。気温はかなり上がっているにもかかわらず肌寒くかんじ、鳥肌も立ってきました。どうやら低血糖のようです。あわててジェルを飲んで補給しました。ですがこれも即効性はなくなかなか症状が治まってきません。

もうこの時点でペース設定なんてとっくに崩れています。今できることは、だましだまし進むことだけ。心肺や筋肉にはダメージがないので調子が戻ればまだ走れそうではありました。

途中でトイレに行きたくなって30km前後(どのエイドが覚えてません)で行きました。ここで今度はなんと血尿です。これをみてかなり怖じ気づいてしまいました。とにかく腎臓、膀胱あたりがあやしいのでとにかく水分補給。これ以降ひたすら水分を摂っていきます。あとで調べたところ横紋筋融解症というのがあるようなのでこれだったのかもしれません。一度尿が出た後は以前もなったことのある尿意切迫感の症状が出てきて動くだけで強烈な尿意が襲ってきます。これが出ると動けなくなるので薬を飲み効きはじめるまでは歩くことにしました。


このあと小回復する時間帯もありましたが、基本的に状態はずっと変わらずゴールまで続きます。スタートからゴールまでの間、エイドでの水分補給はおおよそ30杯で4.5Lほど、さらにペットボトルを5本購入したので2.5L、合計が7Lの水分補給をしたにもかかわらず最初に血尿の出たトイレ以外はほとんど尿も出ません。水分の摂りすぎで胃がやられてしまい後半は水を飲むだけで吐きそうでした。

後半は走っているより歩いている時間の方が遙かに長く、ゴールに辿り着くことだけが目的になってしまいました。ゴールタイムは手元時計で11時間57分56秒。ゴールしてからも吐き気、寒気、尿意切迫感等々がまったくおさまらず、とにかくつらいレースでした。

ゴール後、妻の運転で自宅まで帰ってきたのですが、帰宅後の体重は62.4kgでした。スタート前体重は65.6kgほどでしたから、途中の水分補給と合わせると10Lの汗を流した計算になります。これだけ水分を摂ってもゴール直後は舌が乾いたスポンジのようになり、喉の奥は乾いてくっついてしまってるような状況でした。

今回は明らかに水分補給の失敗です。しかしどういった補給をすれば正しかったのかはまだわかりません。

ウルトラマラソンは心肺持久力や脚筋力・筋持久力よりも消化吸収系の強さを求められるスポーツだと痛感しました。秋に向けて大きな宿題ができました。

このブログの人気の投稿

STRAVA唯一の弱点はbluetooth心拍センサーを認識しないこと

ボクがメインで使っているスマホのランニングアプリはSTRAVAです。これホントによくできたアプリでとても気に入っているのですが、一点だけとても残念なところがあるんです。

想像以上に反響があるので、アワイチランについてすこし説明します。

かなり先の話ですが来年の4月にアワイチランを再びやろうと考えています。今回は単独走ではなく、アワイチランにチャレンジしてみたいと思っているランナーさんたちを募ってみんなで一緒に走ります。


アワイチランはボクにとってはじめての冒険ランでした。あのデカい島を自分の脚だけで走って一周してみたい、日本地図全体を眺めたときに自分の走った区間が目で見てわかるような長い距離を走ってみたい、そんな気持ちでチャレンジすることを決めました。
アワイチランをすると決めてからのワクワク感や、実際にスタートしたときにかんじた非日常感はスゴかったですね。ボクはヘタレランナーなので一度で成功できずになんどかチャレンジしました。でもなんどチャレンジしてもスタートするときはいつもドキドキワクワクしてました。アワイチランを走るスケジュールを決めたらもう毎日がドキドキです。これははじめてフルマラソンにチャレンジした時やウルトラマラソンにチャレンジした時よりもはるかに大きな高揚感でしたね。
そう冒険!まさに冒険ランです。はじめて走る道、今まで経験したことのない長〜い距離には冒険がいっぱい詰まっています。けっしてラクに走り切れる距離ではありません。痛くて眠くてつらくてなんども途中で投げ出そうと思いながらもなんとか踏みとどまってたどり着いたゴールには、雄たけびをあげたくなるほどの達成感があります。
アワイチランのコースは南淡路ICをスタートし反時計回りに島を一周します。スタート時刻は17時。ボクが単独走で走った時は真夜中の0時にスタートしました。南淡路ICから反時計回りのコースではスタートして1時間も経つとだれひとり人に会うこともないような本当にさみしいコースになります。深夜だと1人で走るのは不安な時間帯・コースですが、今回の集団走なら時間的にも人数的にもそんな心配もありません。

スタートから約60㎞で洲本にたどり着きます。ここに午前2~3時頃にたどり着いていれば、東側コースのゴールである淡路IC(岩屋)に予定時間の8:00にたどり着くことは可能でしょう。洲本をすぎてもしばらくはまだ暗い夜の時間が続きますが、朝6時半ごろから夜が明けてきて素晴らしい日の出が見えるはずです。徐々に東側コースのゴールが近づいてくる気配があり、コーナーを曲がった先に明石海峡大橋が見えたときの悦びは格別です。

東側コースのゴールである…

中足骨の疲労骨折

剥離骨折かなと勝手に思ってたのですが、中足骨の疲労骨折だったようです。

まぁ、ベタな障害箇所です。(^^;)


ザムストの中足骨の疲労骨折の解説ページ


中足骨疲労骨折は、ランニングやジャンプ動作による過度の体重負荷が、長時間、足部アーチに繰り返し加わることで発生するオーバーユース(使いすぎ)に起因するスポーツ障害です。

思い当たる節アリアリです。少し痛みを感じつつもうれしげにフォアフットランの練習を続けてしまい、さらには阿波おどりの”暴れ”でもつま先着地を意識していたのでかなり中足骨に負担をかけてしまっていたのでしょう。


●治療方法:ランニングなどの荷重トレーニングは約4週間は禁止、疼痛部のアイシング、歩行時に強い疼痛がある場合は松葉杖などによる免荷が必要となります。トレーニング期の治療はトレーナー編を参照。

●注意点:中途半端な練習休止は再発し、難治化します。練習再開に際しては、オーバーワークにならないようなトレーニングメニューの再考が必要です。また、ストレッチによる足関節、膝関節、特に股関節の柔軟性獲得を図り、ランニングによる足部への負担を軽減する必要があります。

とのことです。うーむ…まいった。

腫れはかなり治まってきています。
ただ昨日14km走っただけでも痛みがぶり返してきました。
これは丹後、ビミョーかもです。