スキップしてメイン コンテンツに移動

ガーミンで対応できない超ウルトラマラソン用にスーパーランナーズEXを購入しました。

スーパーランナーズEX、購入しました。

ふだんはガーミン310XTを使っています。これはGPSで測位し、ペースや走行距離を正確に表示させることができます。また対応のハートレイトモニタを使用することによって心拍の表示もできます。バッテリーもメーカー公称20時間、実働で14時間程度使用できるので100kmウルトラマラソンにも対応できます。


とても便利なので練習、レースともども依存しきってるといってもいい310XTですが、困ったとこにその長時間利用可能なバッテリーをもってしてもスパルタスロンの競技時間である36時間はもちません。まさか310XTのために充電器とモバイルバッテリーを持って走ることもできないので、対スパルタ用としてスーパーランナーズEXを導入することにしました。

スーパーランナーズEXは加速度センサーを利用して現在のペース、スタートからの走行距離を表示させる機能があります。ペース計算のもとになるのはストライド量とピッチです。途中でペースが変わったときにどういった計算を用いているかはわかりませんが基本的には歩数×歩幅で計算しているものと思われます。ストライド(歩幅)に関しては自分自身の歩幅を測定し設定する必要があります。

あくまでも設定された歩幅を基準として計算でペースと距離を求めるのでGPS測位を用いたガーミンのように正確ではないかもしれませんが、目安になる程度にざっくりと把握するのであればこれでも十分代用できる気がしています。

あとガーミンと違い1km毎にオートラップをとってくれる機能はありません。ラップを知りたい場合は自分自身で距離毎にラップボタンを押す必要があります。

また心拍もとれないのでこれは自分の主観的運動強度を信じて走るしかありません。もともとガーミンを手に入れるまで、ペースや運動強度は感覚に頼って走っていました。もともとは感覚で掴めていたことなので、慣れば問題ないはずです。

スーパーランナーズEXで正しいペース、距離測定をおこなうようにするにはまずストライドを設定する必要があります。ストライドを求めるには一定の距離を何歩で走るかを数えて、距離÷歩数で求めることができます。ボクの場合はトレッドミルを使用して求めることにしました。

まず時速6kmのウォーキングでそのときのピッチ数を測定しました。時速6km時に1分間で進む距離は100m、そのときのピッチ数は1分あたり122でした。ということは時速6kmウォーキング時のストライド量は82cmです。

つぎに時速12kmのランでピッチ数を測定です。時速12kmでは1分間に200mすすみます。そのときのピッチ数は178でした。ランの走りはじめは大きめのフォームでピッチスが少なく166あたりでしたが身体が温まってフォームが落ち着いてくるに従ってピッチ数が増え約178あたりで落ち着いてきたのでこちらを標準のピッチとすることにしました。178のピッチだとストライド量は112cmとなります。余談ですが数年前のウルトラではピッチ数195あたりで走っていたのでここ数年でストライドを伸ばす走り方に変わってしまったようです。

このデータをスーパーランナーズEXにセットすればおおよそ正しいペース、走行距離が表示されるはずです。が、なかなか思うようにいかない。時速12kmで走っているときはある程度正確に表示されるのですが時速10kmに落として走ってみてもキロ5分15~20秒あたりの表示なります。またペースを時速14kmに上げてもキロ4分50秒ほどの表示になります。

ストライド量の設定をいろいろ変えて試してみたのですがあまり変化はなく上記のようなずれがでてしまいます。どうやらボクの走り方に原因があるようで、ボクの場合時速10kmで走っても14kmで走ってもあまりピッチ数は変わらずストライド量が変化しているようです。スーパーランナーズEXは設定されたストライド量にピッチ数を掛けることによってペースを算出しているのでピッチ数の変わらないボクの走り方の場合、いくらストライドを伸ばしてペースを上げても測定計算には反映されないようです。

まだトレッドミルの上ですこし走っただけなので長い距離を走ったときにどこまで正確に拾ってくれるかは試してませんがラン途中で大きくペースが変わるようだと実際の距離ペースと表示される値はかなりずれてくるかもしれません。ですから大会出場時に使用する場合は実際のターゲットペース時のピッチ数を調べ、そこからストライド量を求めて設定したほうがより正確なペース表示が得られると思います。

対スパルタスロン用に購入した時計ですが、まずは時計に慣れるために今度のえびすだいこく100kmウルトラマラソンはスーパーランナーズEXでいきます。えびすだいこくの目標ペースは途中でつぶれるのは必至のキロ5分。つぶれた後の歩きはキロ10分とみています。なので時速12kmで乱用のストライドを設定し、時速6kmでウォーク用のストライドを設定しました。

ゴール後、どのくらい距離がずれているか確認してみます。

このブログの人気の投稿

STRAVA唯一の弱点はbluetooth心拍センサーを認識しないこと

ボクがメインで使っているスマホのランニングアプリはSTRAVAです。これホントによくできたアプリでとても気に入っているのですが、一点だけとても残念なところがあるんです。

想像以上に反響があるので、アワイチランについてすこし説明します。

かなり先の話ですが来年の4月にアワイチランを再びやろうと考えています。今回は単独走ではなく、アワイチランにチャレンジしてみたいと思っているランナーさんたちを募ってみんなで一緒に走ります。


アワイチランはボクにとってはじめての冒険ランでした。あのデカい島を自分の脚だけで走って一周してみたい、日本地図全体を眺めたときに自分の走った区間が目で見てわかるような長い距離を走ってみたい、そんな気持ちでチャレンジすることを決めました。
アワイチランをすると決めてからのワクワク感や、実際にスタートしたときにかんじた非日常感はスゴかったですね。ボクはヘタレランナーなので一度で成功できずになんどかチャレンジしました。でもなんどチャレンジしてもスタートするときはいつもドキドキワクワクしてました。アワイチランを走るスケジュールを決めたらもう毎日がドキドキです。これははじめてフルマラソンにチャレンジした時やウルトラマラソンにチャレンジした時よりもはるかに大きな高揚感でしたね。
そう冒険!まさに冒険ランです。はじめて走る道、今まで経験したことのない長〜い距離には冒険がいっぱい詰まっています。けっしてラクに走り切れる距離ではありません。痛くて眠くてつらくてなんども途中で投げ出そうと思いながらもなんとか踏みとどまってたどり着いたゴールには、雄たけびをあげたくなるほどの達成感があります。
アワイチランのコースは南淡路ICをスタートし反時計回りに島を一周します。スタート時刻は17時。ボクが単独走で走った時は真夜中の0時にスタートしました。南淡路ICから反時計回りのコースではスタートして1時間も経つとだれひとり人に会うこともないような本当にさみしいコースになります。深夜だと1人で走るのは不安な時間帯・コースですが、今回の集団走なら時間的にも人数的にもそんな心配もありません。

スタートから約60㎞で洲本にたどり着きます。ここに午前2~3時頃にたどり着いていれば、東側コースのゴールである淡路IC(岩屋)に予定時間の8:00にたどり着くことは可能でしょう。洲本をすぎてもしばらくはまだ暗い夜の時間が続きますが、朝6時半ごろから夜が明けてきて素晴らしい日の出が見えるはずです。徐々に東側コースのゴールが近づいてくる気配があり、コーナーを曲がった先に明石海峡大橋が見えたときの悦びは格別です。

東側コースのゴールである…

中足骨の疲労骨折

剥離骨折かなと勝手に思ってたのですが、中足骨の疲労骨折だったようです。

まぁ、ベタな障害箇所です。(^^;)


ザムストの中足骨の疲労骨折の解説ページ


中足骨疲労骨折は、ランニングやジャンプ動作による過度の体重負荷が、長時間、足部アーチに繰り返し加わることで発生するオーバーユース(使いすぎ)に起因するスポーツ障害です。

思い当たる節アリアリです。少し痛みを感じつつもうれしげにフォアフットランの練習を続けてしまい、さらには阿波おどりの”暴れ”でもつま先着地を意識していたのでかなり中足骨に負担をかけてしまっていたのでしょう。


●治療方法:ランニングなどの荷重トレーニングは約4週間は禁止、疼痛部のアイシング、歩行時に強い疼痛がある場合は松葉杖などによる免荷が必要となります。トレーニング期の治療はトレーナー編を参照。

●注意点:中途半端な練習休止は再発し、難治化します。練習再開に際しては、オーバーワークにならないようなトレーニングメニューの再考が必要です。また、ストレッチによる足関節、膝関節、特に股関節の柔軟性獲得を図り、ランニングによる足部への負担を軽減する必要があります。

とのことです。うーむ…まいった。

腫れはかなり治まってきています。
ただ昨日14km走っただけでも痛みがぶり返してきました。
これは丹後、ビミョーかもです。