スキップしてメイン コンテンツに移動

GALAXY S5 ACTIVEでANT+の心拍計使えます。

GALAXYアンバサダープログラムの企画の「GALAXY S5 ACTIVE モニター」ということで1ヶ月間スマホを貸していただいています。

本来自分が使っているスマホはNexus5。発売から1年が経つモデルだけど処理速度に不満はなし。最近Android5.0にバージョンアップしてからさらに使いやすくなりました。特に大きな不満もなくお気に入りのスマホなのですが、少しだけ弱点があるとすればバッテリーの容量。2300Ahと5インチディスプレイのスマホにしては小さめなのでまる1日充電なしで過ごすのはやや不安です。


あとこれは不満ではないのですが、ANT+をランニングアプリで利用したい。Nexus5でANT+を利用するにはroot化して少し手を入れてやる必要があります。以前はそういったことをしていたのですがOSが更新されるたびに同じ作業をやり直すのがメンドウなので今はroot化していません。

ANT+を使わずともbluetoothを使えばいいじゃないか、とも考えたのですが、どうもBluetoothの心拍計は通信が不安定で時折接続が切れてしまったりするので今イチ信頼が置けません。さらに過去に購入した自転車関連のANT+の機器などを活用したいとの思惑もありやはり運動関係の通信はANT+を利用したいのです。

そんなこともあってGALAXY S5 ACTIVE モニターに応募してみました。GALAXY S5 ACTIVEに興味があった最大の理由はANT+がサポートされていることです。さらにバッテリーの容量はNexus5の2300Ahに較べて2800Ahと2割強大きめです。そのほか防塵防水、耐落下性、モニター期間中に利用することはないと思いますがおサイフケータイ機能もあります。

つまりGALAXY S5 ACTIVEは、ANT+を利用して心拍数やケイデンスを計測しながら長時間のライドやロング走に出かけることができ、汗を掻いても途中で雨に降られても機器の心配をする必要もなく、トレイルで転倒してもスマホが壊れることもなく、途中休憩でコンビニに立ち寄ってもおサイフケータイで支払いができる…という夢のスマホなワケです。

で、さっそく。

ANT+使えました。設定は自分の手持ちの機器の調子が悪かったせいで最初うまく繋がらずかなり悪戦苦闘しました。機器に問題がなければすんなりつながるはずです。ただアプリのほうでANT+をサポートしているアプリが少ないのでそこは要注意です。endomondoとmapmyrunはANT+をサポートしていました。当然ですが通信もANT+なので安定していて途中でエラーが出ることもありませんでした。

バッテリーの消費は約1時間、音楽を再生しながらGPSアプリで計測しながらのランで100%から93%まで減りました。各種通知類はONにしたままだったので細かい設定をすればもう少しバッテリーの消費は抑えられるかもしれません。ただ現状でも数値の上では10時間ぐらい走れそうな感じなのでスペックとしては申し分ありません。バッテリーまわりでもうひとつ特筆すべきは充電の速さです。充電時間は計測してませんが明らかにNexus5より速くフルチャージされます。

防水性に関してですが、借り物を水に沈める勇気はなかったので試していません。が、お風呂ですこし使ってみました。シャワーがかかるくらいならまったく問題ありません。さらに岩盤浴にも持ち込んで使ってみました。途中で寝落ちして岩盤の上にタオルを1枚敷いただけの床に15分ほどスマホを置いたままになっていたのですが熱でおかしくなることもありませんでした。

GALAXY S5 ACTIVE、基本性能はすこぶる高いです。ただ何点か好みでないところもあります。

ひとつはデザインがいかにもヘビーデューティなところ。タフ系だからといってデザインまでタフにしなくてもいい気がします。普段使いで違和感のないデザインならなおうれしいです。

もうひつは、不必要なアプリがごちゃごちゃと入っていること。普段使っているのがNexus5でよけいなアプリが一切ないスマホなのでよけい気になます。でもこれはdocomoから発売されているモデルなので仕方ないのかもしれません。もしSIMフリー版が販売されるならこの辺はスッキリするのかもしれません。

あと重量。いろいろな機能を考えればしかたないのですが、ランニングのときにポケットに入れて走りに出かけると重さでズボンが下がってきます。このぐらいの重量であればウエストポーチが必須になってしまいます。できれば140g以内ぐらいであればホントもう最高です。

少し不満というか要望もありますが、ことランニングに出かけるときに相棒としてはベストパートナーでしょう。汗汚れ落下を気にせず使える、長時間走の途中でも写真撮影やFacebookなどバッテリーを気にせず使える、手持ちのANT+機器がそのまま使える。おサイフケータイがあるので財布を持たずに出かけられる。最高じゃないですか!

春先に予定している松山~徳島200kmの単独走、キャノンボールランや土佐乃国横断遠足などの超長距離ランのときに使ってみたいスマホです。残念ならが貸し出し期間は1ヶ月のみですけど…。







このブログの人気の投稿

STRAVA唯一の弱点はbluetooth心拍センサーを認識しないこと

ボクがメインで使っているスマホのランニングアプリはSTRAVAです。これホントによくできたアプリでとても気に入っているのですが、一点だけとても残念なところがあるんです。

想像以上に反響があるので、アワイチランについてすこし説明します。

かなり先の話ですが来年の4月にアワイチランを再びやろうと考えています。今回は単独走ではなく、アワイチランにチャレンジしてみたいと思っているランナーさんたちを募ってみんなで一緒に走ります。


アワイチランはボクにとってはじめての冒険ランでした。あのデカい島を自分の脚だけで走って一周してみたい、日本地図全体を眺めたときに自分の走った区間が目で見てわかるような長い距離を走ってみたい、そんな気持ちでチャレンジすることを決めました。
アワイチランをすると決めてからのワクワク感や、実際にスタートしたときにかんじた非日常感はスゴかったですね。ボクはヘタレランナーなので一度で成功できずになんどかチャレンジしました。でもなんどチャレンジしてもスタートするときはいつもドキドキワクワクしてました。アワイチランを走るスケジュールを決めたらもう毎日がドキドキです。これははじめてフルマラソンにチャレンジした時やウルトラマラソンにチャレンジした時よりもはるかに大きな高揚感でしたね。
そう冒険!まさに冒険ランです。はじめて走る道、今まで経験したことのない長〜い距離には冒険がいっぱい詰まっています。けっしてラクに走り切れる距離ではありません。痛くて眠くてつらくてなんども途中で投げ出そうと思いながらもなんとか踏みとどまってたどり着いたゴールには、雄たけびをあげたくなるほどの達成感があります。
アワイチランのコースは南淡路ICをスタートし反時計回りに島を一周します。スタート時刻は17時。ボクが単独走で走った時は真夜中の0時にスタートしました。南淡路ICから反時計回りのコースではスタートして1時間も経つとだれひとり人に会うこともないような本当にさみしいコースになります。深夜だと1人で走るのは不安な時間帯・コースですが、今回の集団走なら時間的にも人数的にもそんな心配もありません。

スタートから約60㎞で洲本にたどり着きます。ここに午前2~3時頃にたどり着いていれば、東側コースのゴールである淡路IC(岩屋)に予定時間の8:00にたどり着くことは可能でしょう。洲本をすぎてもしばらくはまだ暗い夜の時間が続きますが、朝6時半ごろから夜が明けてきて素晴らしい日の出が見えるはずです。徐々に東側コースのゴールが近づいてくる気配があり、コーナーを曲がった先に明石海峡大橋が見えたときの悦びは格別です。

東側コースのゴールである…

中足骨の疲労骨折

剥離骨折かなと勝手に思ってたのですが、中足骨の疲労骨折だったようです。

まぁ、ベタな障害箇所です。(^^;)


ザムストの中足骨の疲労骨折の解説ページ


中足骨疲労骨折は、ランニングやジャンプ動作による過度の体重負荷が、長時間、足部アーチに繰り返し加わることで発生するオーバーユース(使いすぎ)に起因するスポーツ障害です。

思い当たる節アリアリです。少し痛みを感じつつもうれしげにフォアフットランの練習を続けてしまい、さらには阿波おどりの”暴れ”でもつま先着地を意識していたのでかなり中足骨に負担をかけてしまっていたのでしょう。


●治療方法:ランニングなどの荷重トレーニングは約4週間は禁止、疼痛部のアイシング、歩行時に強い疼痛がある場合は松葉杖などによる免荷が必要となります。トレーニング期の治療はトレーナー編を参照。

●注意点:中途半端な練習休止は再発し、難治化します。練習再開に際しては、オーバーワークにならないようなトレーニングメニューの再考が必要です。また、ストレッチによる足関節、膝関節、特に股関節の柔軟性獲得を図り、ランニングによる足部への負担を軽減する必要があります。

とのことです。うーむ…まいった。

腫れはかなり治まってきています。
ただ昨日14km走っただけでも痛みがぶり返してきました。
これは丹後、ビミョーかもです。