スキップしてメイン コンテンツに移動

安い旨い本格派!でもちょっと遠い…徳島県上勝町の古民家イタリアン・ペルトナーレ

Photo上勝町にあるペルトナーレさんに行ってきました。

このお店、以前淡路島の野島スコーラで食事した際に スタッフの方から「徳島の上勝町でここにいたシェフが新しく店を開いてます」といいう情報をいただいていたんです。ぜひ一度訪れたいと思っていたのですが、あとから思い出そうにもうろ覚えで名前がわからなくなり店を探せず終いだったんですね。

でも「徳島人」の今月号にお店の情報が掲載されていたのでやっと念願がかない訪れることができました。

 場所は上勝町、德島市内からだとクルマで1時間くらいかかります。国道55号線を南下し勝浦川橋南詰めから県道16号線を走って上勝町に向かいます。ペルトナーレでナビを設定しても出てこないかもしれません。けれど月ヶ谷温泉のすぐそばにあるのでそこにセットすれば問題ありません。ちなみに駐車場は月ヶ谷温泉の駐車場に停めます。お店は月ヶ谷温泉より少し上ったところにあります。

Photo

流行の古民家を改装したお店になっています。 ピンぼけしているけど入り口です。田舎のばあちゃん家みたいです。引き戸の玄関を開けるといきなり上がり框になっていてちょっとびっくりしました。

Photo

Photo


店内は和洋折衷というか、古いたたずまいとモダンなインテリアが調和してとってもおしゃれ。こういった古民家改装のカフェってどの店もホントにセンスよいです。

Photo

さて本日のランチメニューはこれ。
お値段、1000円!安い!

ランチメニューは1000円ですがヤリイカトルッコラ イカスミのスパゲティをセレクトすると500円アップ、キンカンとクルミのセミブレッドをセレクトすると200円アップとなります。


前菜どーーーーん! あ、これ3人分です。

Photo

Photo

Photo

パスタは各種類それぞれ1つずつ注文しました。どれもおいしいですが個人的にはカルボナーラがオススメ。卵ソースの濃厚具合が最高です。

Photo

デザートは食べるのに夢中になりすぎてひと品写真を撮るのを忘れていました。写真は金柑とクルミのセミブレッド。ものすごく高級な味というか贅沢なお味。これを食べるためだけに来てもいいと思わせるほど旨いです。

店に行くまではこんなに山奥(失礼)でイタリアンなんてやっていけるの?なんて勝手に思ってましたがこの雰囲気この味このお値段ならば1時間かけて食べに行く価値大ありです。

そんなに大きくないお店でシェフがひとりで料理を作られているので予約を取ってから来店する方がいいですよ。ぜひ食べに行ってみてください。

このブログの人気の投稿

STRAVA唯一の弱点はbluetooth心拍センサーを認識しないこと

ボクがメインで使っているスマホのランニングアプリはSTRAVAです。これホントによくできたアプリでとても気に入っているのですが、一点だけとても残念なところがあるんです。

想像以上に反響があるので、アワイチランについてすこし説明します。

かなり先の話ですが来年の4月にアワイチランを再びやろうと考えています。今回は単独走ではなく、アワイチランにチャレンジしてみたいと思っているランナーさんたちを募ってみんなで一緒に走ります。


アワイチランはボクにとってはじめての冒険ランでした。あのデカい島を自分の脚だけで走って一周してみたい、日本地図全体を眺めたときに自分の走った区間が目で見てわかるような長い距離を走ってみたい、そんな気持ちでチャレンジすることを決めました。
アワイチランをすると決めてからのワクワク感や、実際にスタートしたときにかんじた非日常感はスゴかったですね。ボクはヘタレランナーなので一度で成功できずになんどかチャレンジしました。でもなんどチャレンジしてもスタートするときはいつもドキドキワクワクしてました。アワイチランを走るスケジュールを決めたらもう毎日がドキドキです。これははじめてフルマラソンにチャレンジした時やウルトラマラソンにチャレンジした時よりもはるかに大きな高揚感でしたね。
そう冒険!まさに冒険ランです。はじめて走る道、今まで経験したことのない長〜い距離には冒険がいっぱい詰まっています。けっしてラクに走り切れる距離ではありません。痛くて眠くてつらくてなんども途中で投げ出そうと思いながらもなんとか踏みとどまってたどり着いたゴールには、雄たけびをあげたくなるほどの達成感があります。
アワイチランのコースは南淡路ICをスタートし反時計回りに島を一周します。スタート時刻は17時。ボクが単独走で走った時は真夜中の0時にスタートしました。南淡路ICから反時計回りのコースではスタートして1時間も経つとだれひとり人に会うこともないような本当にさみしいコースになります。深夜だと1人で走るのは不安な時間帯・コースですが、今回の集団走なら時間的にも人数的にもそんな心配もありません。

スタートから約60㎞で洲本にたどり着きます。ここに午前2~3時頃にたどり着いていれば、東側コースのゴールである淡路IC(岩屋)に予定時間の8:00にたどり着くことは可能でしょう。洲本をすぎてもしばらくはまだ暗い夜の時間が続きますが、朝6時半ごろから夜が明けてきて素晴らしい日の出が見えるはずです。徐々に東側コースのゴールが近づいてくる気配があり、コーナーを曲がった先に明石海峡大橋が見えたときの悦びは格別です。

東側コースのゴールである…

中足骨の疲労骨折

剥離骨折かなと勝手に思ってたのですが、中足骨の疲労骨折だったようです。

まぁ、ベタな障害箇所です。(^^;)


ザムストの中足骨の疲労骨折の解説ページ


中足骨疲労骨折は、ランニングやジャンプ動作による過度の体重負荷が、長時間、足部アーチに繰り返し加わることで発生するオーバーユース(使いすぎ)に起因するスポーツ障害です。

思い当たる節アリアリです。少し痛みを感じつつもうれしげにフォアフットランの練習を続けてしまい、さらには阿波おどりの”暴れ”でもつま先着地を意識していたのでかなり中足骨に負担をかけてしまっていたのでしょう。


●治療方法:ランニングなどの荷重トレーニングは約4週間は禁止、疼痛部のアイシング、歩行時に強い疼痛がある場合は松葉杖などによる免荷が必要となります。トレーニング期の治療はトレーナー編を参照。

●注意点:中途半端な練習休止は再発し、難治化します。練習再開に際しては、オーバーワークにならないようなトレーニングメニューの再考が必要です。また、ストレッチによる足関節、膝関節、特に股関節の柔軟性獲得を図り、ランニングによる足部への負担を軽減する必要があります。

とのことです。うーむ…まいった。

腫れはかなり治まってきています。
ただ昨日14km走っただけでも痛みがぶり返してきました。
これは丹後、ビミョーかもです。