スキップしてメイン コンテンツに移動

インターバル走についての考察

インターバル走について考えてみます。

・乳酸性作業閾値向上
・最大酸素摂取量向上
・ランニングエコノミー向上

マラソン走力向上のポイントとなるこの3つの要素のうちインターバル走の目的は一般的に「最大酸素摂取量向上」といわれています。では最大酸素摂取量って身体のどの部分を強化しどんな能力を引き上げたら向上するんでしょう? これはボクの想像なので間違っているかもしれません。ですがこう考えるとインターバル走の効果について納得できたので、あえてボクの解釈をここに書いてみます。


まず最大酸素摂取量向上ですから「肺」のなにかに変化が起きるはずです。
では…

肺胞が増える? いえいえ肺胞の密度は変わりません。
肺のガス交換率が高まる? いえいえ交換率自体は変わりません。
肺が成長する? 肺の大きさは胸郭の大きさでほぼ決まります。

人間の体の中の変化ですからだから、成長期を過ぎたからといって一切変化がないとはいいきれません。でももし変化があったとしてもおそらく測定誤差の範囲じゃないでしょうか。

大人…しかも30、40歳になってから身長が伸びる人はまずいないですよね。運動をはじめたからといってみずみずしい子供のような肌になることもありません。それと同じで残念ながら大人の身体は成長期の子供のように成長することはありません。

じゃあいったいインターバル走によってもたらされる「最大酸素摂取量」の向上の正体とはなんなのか。おそらくそれは筋力の増強による変化なのじゃないかと思います。具体的には呼吸筋と心臓の筋力の強化によってもたらされるんだと考えています。

肺はたしかに成長することはありません。どうしても肋骨の内側…胸郭の大きさによって肺のサイズは決まってしまうからです。しかし肺自体の構造は風船のようなものです。この風船を膨らませているのが肺の周りにある横隔膜などの呼吸筋です。呼吸筋がしっかりと使えていない状態では肺は目一杯膨らむことなくその能力をすべて活かせてないかもしれません。呼吸筋をより強く動かせるようになればもっと大きく肺は膨らみ、より多くの空気を吸い込むことができるようになるはずです。つまり同じ肺の大きさでも肺活量は増大させることが可能となるはずです。呼吸筋が強くなればもっと疲れ知らずで速く強く大きく肺を膨らませることができるようになり、一度により多くの空気を吸えるようになれば取り込める酸素の量も増えるので最大酸素摂取量が多くなるというわけです。

次に心臓です。肺で取り込んだ酸素を体中に酸素を運搬するのは血液の役目です。身体にどれだけの血液を送り出せるかは「一拍の拍出量」✕「拍数」で決まります。心臓は肺と違って筋肉でできています。だから鍛えてやることによってより強く大きくすることができます。速い拍動でも疲れづらい強い心臓にすることもできます。

そうキーワードは「筋肉」です。インターバル走の目的は心肺に関わる筋肉の強化と考えればいいでしょう。そう考えるとインターバル練習のペースがLTゾーンよりはるかに速く、有酸素運動よりも無酸素運動の比率が高いゾーンで行うことも納得がいきます。

ただ筋力トレーニングをする方はイメージしやすいと思いますが、長時間(多回数)✕低強度よりも短時間(少回数)✕高強度のほうが筋力を増強増大させるには向いています。たとえば1000m✕5本のインターバルだと1000mを1本走るのに3分~4分ぐらいで設定しているはずです。筋力トレーニング的に考えると3分も継続して負荷をかけられるトレーニングだと筋力増強増大を目的としたものではないですよね。まったく効果がないわけではありませんがどちらかというと筋持久力向上や乳酸性作業閾値向上要素が強いトレーニングにみえます。もちろん取り入れているポイント練習がインターバル走中心で行っているランナーならばこれがベストかもしれません、がビルドアップ走やペース走も取り入れているランナーならばもっとピンポイントで筋力増強増大を狙ったトレーニングを行ったほうが効果的に思います。

それらを考慮すると心肺の筋力増強にフォーカスしたトレーニングを狙うならばHIIT(High-intensity interval training)が良さそうです。HIITの代名詞となったTABATA PROTOCOLだと運動20秒、休息10秒のセットを8回、合計で4分の運動時間です。MAXパワーで20秒の運動…このぐらいの時間だと筋力トレーニングで筋力増大を狙う運動に近いイメージですね。当然MAXパワーでやると10秒の休息では回復が追いつかないので2セット目以降どんどんパフォーマンスが落ちていきます。でもこれも筋力トレーニングのドロップセットのイメージで捉えるとわかりやすいですね。大事なのは限界まで追い込むこと。インターバル走のように5本を揃えることやりきれることを目標にするより、どんどんパフォーマンスが落ちてもその時点でのMAXパワーで限界まで出し切ることが筋力増強には効果があるはずです。

あと大切なのは頻度と回復。1週間に一度の筋トレではなかなか筋肉を発達させられないですよね。だからHIITの効果を求めるならばせめて週2回は必要です。超回復(一般的には48~72時間)にかかる時間から考えてもやはり週2~3回のトレーニングがベストです。

あ、あくまでも私見なので…。
いろいろなアプローチがあっていいと思うし、ボクは当面このやり方を試してみます。

このブログの人気の投稿

STRAVA唯一の弱点はbluetooth心拍センサーを認識しないこと

ボクがメインで使っているスマホのランニングアプリはSTRAVAです。これホントによくできたアプリでとても気に入っているのですが、一点だけとても残念なところがあるんです。

想像以上に反響があるので、アワイチランについてすこし説明します。

かなり先の話ですが来年の4月にアワイチランを再びやろうと考えています。今回は単独走ではなく、アワイチランにチャレンジしてみたいと思っているランナーさんたちを募ってみんなで一緒に走ります。


アワイチランはボクにとってはじめての冒険ランでした。あのデカい島を自分の脚だけで走って一周してみたい、日本地図全体を眺めたときに自分の走った区間が目で見てわかるような長い距離を走ってみたい、そんな気持ちでチャレンジすることを決めました。
アワイチランをすると決めてからのワクワク感や、実際にスタートしたときにかんじた非日常感はスゴかったですね。ボクはヘタレランナーなので一度で成功できずになんどかチャレンジしました。でもなんどチャレンジしてもスタートするときはいつもドキドキワクワクしてました。アワイチランを走るスケジュールを決めたらもう毎日がドキドキです。これははじめてフルマラソンにチャレンジした時やウルトラマラソンにチャレンジした時よりもはるかに大きな高揚感でしたね。
そう冒険!まさに冒険ランです。はじめて走る道、今まで経験したことのない長〜い距離には冒険がいっぱい詰まっています。けっしてラクに走り切れる距離ではありません。痛くて眠くてつらくてなんども途中で投げ出そうと思いながらもなんとか踏みとどまってたどり着いたゴールには、雄たけびをあげたくなるほどの達成感があります。
アワイチランのコースは南淡路ICをスタートし反時計回りに島を一周します。スタート時刻は17時。ボクが単独走で走った時は真夜中の0時にスタートしました。南淡路ICから反時計回りのコースではスタートして1時間も経つとだれひとり人に会うこともないような本当にさみしいコースになります。深夜だと1人で走るのは不安な時間帯・コースですが、今回の集団走なら時間的にも人数的にもそんな心配もありません。

スタートから約60㎞で洲本にたどり着きます。ここに午前2~3時頃にたどり着いていれば、東側コースのゴールである淡路IC(岩屋)に予定時間の8:00にたどり着くことは可能でしょう。洲本をすぎてもしばらくはまだ暗い夜の時間が続きますが、朝6時半ごろから夜が明けてきて素晴らしい日の出が見えるはずです。徐々に東側コースのゴールが近づいてくる気配があり、コーナーを曲がった先に明石海峡大橋が見えたときの悦びは格別です。

東側コースのゴールである…

中足骨の疲労骨折

剥離骨折かなと勝手に思ってたのですが、中足骨の疲労骨折だったようです。

まぁ、ベタな障害箇所です。(^^;)


ザムストの中足骨の疲労骨折の解説ページ


中足骨疲労骨折は、ランニングやジャンプ動作による過度の体重負荷が、長時間、足部アーチに繰り返し加わることで発生するオーバーユース(使いすぎ)に起因するスポーツ障害です。

思い当たる節アリアリです。少し痛みを感じつつもうれしげにフォアフットランの練習を続けてしまい、さらには阿波おどりの”暴れ”でもつま先着地を意識していたのでかなり中足骨に負担をかけてしまっていたのでしょう。


●治療方法:ランニングなどの荷重トレーニングは約4週間は禁止、疼痛部のアイシング、歩行時に強い疼痛がある場合は松葉杖などによる免荷が必要となります。トレーニング期の治療はトレーナー編を参照。

●注意点:中途半端な練習休止は再発し、難治化します。練習再開に際しては、オーバーワークにならないようなトレーニングメニューの再考が必要です。また、ストレッチによる足関節、膝関節、特に股関節の柔軟性獲得を図り、ランニングによる足部への負担を軽減する必要があります。

とのことです。うーむ…まいった。

腫れはかなり治まってきています。
ただ昨日14km走っただけでも痛みがぶり返してきました。
これは丹後、ビミョーかもです。