スキップしてメイン コンテンツに移動

土佐乃国、とにかくゆっくり大作戦

今回の土佐乃国、すこしアプローチを変えてみようと思う。 今回はゆっくり行く、と決めた。もちろんそれにかわりはない。その上ですこし時間について考えてみたいと思う。
ボクが第1回の土佐乃国横断遠足を完走した時のタイムが38時間30分。50kmぐらいまではキロ5分40~6分ぐらいで走っていたと思う。第2回は80kmの桂浜まで第1回よりも1時間ぐらいはやく到着したけれど須崎でリタイア。第3回は60kmのヤ・シィパーク手前から吐き気がひどくなり桂浜でリタイア。いずれも最初の50kmはキロ5分30~40目安で走っていた記憶がある。 ボク今までとにかく日が沈むまでに桂浜に着きたい、最初の100kmをはやく終わらせたい…いつもそう思って走っていた。そのあと潰れたとしても、どのみち夜は眠くて動けないんだし疲れて歩くだろうから、いずれまた体力も回復するだろう…みたいなかんじ。100kmを12~13時間ぐらいで終わらせとけば、のこり142kmを時速6kmで歩き通しても24時間以内で歩けるはず、合計で36~37時間あればゴールできるだろうというもの。 まぁ計算上は間違ってない。実際に1年目はこれに近いかんじでゴールできた。ただこの配分だと疲れてきてからの消耗がひどい。身体が疲れ切ってからの時速6kmっていうのはかなりきびしいペースだったりする。そして身体が疲れ切ってしまうと眠気も襲ってくる。つまり100km走ったあとの時速6kmはアタマで考えていたほどラクじゃなかったのだ。 そこでちょっとアプローチを変えてみることにした。といってもなにも特別なことじゃない、ただのイーブンペースだ。たとえばキロ8分のイーブンで走ったと仮定すれば242kmはなんと32時間台でゴールできる。キロ9分でも36時間台だ。もちろん坂道もあれば信号もあるし、コンビニ休憩も取るし仮眠をとることもあるだろう。けれど単純計算だと、あれだけ苦労した土佐乃国の242kmをこのゆったりペースで完走できることになってしまう。おそらくスローペースで走れば脱水の進行も穏やかなはずだ。食べ物もしっかり補給できるだろう。そうすれば昨年のように道端にうずくまって吐き続ける苦しさを味あわなくてすむかもしれない。心肺の負荷を軽くし疲労を軽減できれば睡魔に襲われることだって減るかもしれない。もっときもちよくたのしく土佐乃国を走ることができるのじゃないか?そんな期待がある。 きもちはゆるーいイーブンペースだけれど、だからといって設定ペースをガチガチに決めてしまうことはしない。とにかくゆっくりスロージョグということにしておく。キロ7のときもあるしキロ8のときもある。暑くなればウォーキングに切り替えることもある。体に負担のかからない程度のペースでゆっくりと体力あまり使わないように走っていこうと思う。 桂浜までを急ごうとしない、これが今回のテーマだ。

このブログの人気の投稿

STRAVA唯一の弱点はbluetooth心拍センサーを認識しないこと

ボクがメインで使っているスマホのランニングアプリはSTRAVAです。これホントによくできたアプリでとても気に入っているのですが、一点だけとても残念なところがあるんです。

想像以上に反響があるので、アワイチランについてすこし説明します。

かなり先の話ですが来年の4月にアワイチランを再びやろうと考えています。今回は単独走ではなく、アワイチランにチャレンジしてみたいと思っているランナーさんたちを募ってみんなで一緒に走ります。


アワイチランはボクにとってはじめての冒険ランでした。あのデカい島を自分の脚だけで走って一周してみたい、日本地図全体を眺めたときに自分の走った区間が目で見てわかるような長い距離を走ってみたい、そんな気持ちでチャレンジすることを決めました。
アワイチランをすると決めてからのワクワク感や、実際にスタートしたときにかんじた非日常感はスゴかったですね。ボクはヘタレランナーなので一度で成功できずになんどかチャレンジしました。でもなんどチャレンジしてもスタートするときはいつもドキドキワクワクしてました。アワイチランを走るスケジュールを決めたらもう毎日がドキドキです。これははじめてフルマラソンにチャレンジした時やウルトラマラソンにチャレンジした時よりもはるかに大きな高揚感でしたね。
そう冒険!まさに冒険ランです。はじめて走る道、今まで経験したことのない長〜い距離には冒険がいっぱい詰まっています。けっしてラクに走り切れる距離ではありません。痛くて眠くてつらくてなんども途中で投げ出そうと思いながらもなんとか踏みとどまってたどり着いたゴールには、雄たけびをあげたくなるほどの達成感があります。
アワイチランのコースは南淡路ICをスタートし反時計回りに島を一周します。スタート時刻は17時。ボクが単独走で走った時は真夜中の0時にスタートしました。南淡路ICから反時計回りのコースではスタートして1時間も経つとだれひとり人に会うこともないような本当にさみしいコースになります。深夜だと1人で走るのは不安な時間帯・コースですが、今回の集団走なら時間的にも人数的にもそんな心配もありません。

スタートから約60㎞で洲本にたどり着きます。ここに午前2~3時頃にたどり着いていれば、東側コースのゴールである淡路IC(岩屋)に予定時間の8:00にたどり着くことは可能でしょう。洲本をすぎてもしばらくはまだ暗い夜の時間が続きますが、朝6時半ごろから夜が明けてきて素晴らしい日の出が見えるはずです。徐々に東側コースのゴールが近づいてくる気配があり、コーナーを曲がった先に明石海峡大橋が見えたときの悦びは格別です。

東側コースのゴールである…

中足骨の疲労骨折

剥離骨折かなと勝手に思ってたのですが、中足骨の疲労骨折だったようです。

まぁ、ベタな障害箇所です。(^^;)


ザムストの中足骨の疲労骨折の解説ページ


中足骨疲労骨折は、ランニングやジャンプ動作による過度の体重負荷が、長時間、足部アーチに繰り返し加わることで発生するオーバーユース(使いすぎ)に起因するスポーツ障害です。

思い当たる節アリアリです。少し痛みを感じつつもうれしげにフォアフットランの練習を続けてしまい、さらには阿波おどりの”暴れ”でもつま先着地を意識していたのでかなり中足骨に負担をかけてしまっていたのでしょう。


●治療方法:ランニングなどの荷重トレーニングは約4週間は禁止、疼痛部のアイシング、歩行時に強い疼痛がある場合は松葉杖などによる免荷が必要となります。トレーニング期の治療はトレーナー編を参照。

●注意点:中途半端な練習休止は再発し、難治化します。練習再開に際しては、オーバーワークにならないようなトレーニングメニューの再考が必要です。また、ストレッチによる足関節、膝関節、特に股関節の柔軟性獲得を図り、ランニングによる足部への負担を軽減する必要があります。

とのことです。うーむ…まいった。

腫れはかなり治まってきています。
ただ昨日14km走っただけでも痛みがぶり返してきました。
これは丹後、ビミョーかもです。