スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

あたらしい相棒プロトレックPRW-7000

時計を買った。プロトレックPRW-7000。
いまさらながら気づいたのだけれど家には時計がゴロゴロある。といっても高級品ではなくチープカシオの類いの時計だ。いやチープカシオ、デザインもそこそこいいしなにより実用的だ。時間をを知るといった時計本来の目的には十分だといえる。
スマートウォッチも2本ある。pebbleとzenWatch。まぁ使っているとそれなりに便利ではある。いろいろな機能もあるし、アプリを入れることによってさらに新しい機能を取り入れることができる。ランニングアプリを入れればランニング用GPSウォッチの真似事のようなこともできる。けれどやはり専用ウォッチにはかなわない。だからSNSの通知が手元で確認できることが最大の魅力なのかもしれない。でもとにかくスマートウォッチはバッテリーに依存しすぎるのが欠点だ。あとモデルサイクルがはやく陳腐化がひどい。 ランニング用GPSウォッチも現役として稼働しているものが2本ある。エプソンのMZ-500とSUUNTOのAMBIT2。もっともこの2本はランニング用というよりは用途としてはトレッキング、トレランをメインに作られた商品のようだ。どちらも気温、標高、気圧、方位を測定することができ、稼働時間も40時間を超える長時間仕様が可能だ。ちなみにANBIT2が50時間稼働、M-500が46時間稼働を謳っている。もともとは250km程度の超ウルトラでの制限時間いっぱいスタミナが持つGPSウォッチを、と購入したものだけれど最近はトレイルに興味が出てきたのでこれらの時計は今のボクの用途にはピッタリだといえる。
でもプロトレックPRW-7000を買った。
プロトレックはご存じのとおりカシオが制作するトレッキング用の時計だ。G-SHOCKを生み出したカシオがその堅牢な作りの上にトレッキングに必要な各センサーを組み込んだシリーズとなる。気温、標高、気圧、方位は当然測ることができるがGPSを使用したログ録りはできない。まぁそんな機能はわりとどうでもいい。欲しかったのは別の理由だ。
同じ時間をともに刻む自分の分身のような、相棒のようなそんなモノが欲しかったのだ。
たとえば手帳に日々あったことを書き綴ったり、何処かに言ったときの写真を貼り付けたりする感覚…日々を過ごした思い出の台紙となるそんな時計が欲しかった。仕事のときもオフのときも、トレイルを走りに行っても…